最新メルマガちら見せ!

2017年02月06日(月)

VOL.172〜175_VALSHEインタビュー(2/2配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 285-1.jpg


VALSHEインタビュー
10thシングル「MONTAGE」
2017年2月8日(水)リリース!


一時ソロ活動を休止し、昨年7月に発表した7thミニアルバム『RIOT』で復活を遂げたVALSHEが、シングルとしては「君への嘘」以来、実に2年振りとなる10thシングル「MONTAGE」をリリース。よりディープに、よりトリッキーに、独自の世界観を提示した今作について、8,500文字に及ぶロングインタビューをお届けする!!

●「MONTAGE」は、昨年9月に開催された6周年のライヴで初披露されていましたが、制作はいつ頃していたんですか?
VALSHE:
サビの部分だけは『RIOT』の制作のわりと前半の方に生まれて、その後『RIOT』の制作が終わってすぐにフルサイズを完成させました。というのも、元々6周年ライヴで披露したいと決めていたので、そこを目がけて制作していたという経緯もあります。
●今作は『RIOT』と地続きの存在に位置する作品なのかなと感じたのですが、いかがですか?
VALSHE:
元々『RIOT』を制作している最中の自分の心境であったり、そこで気付いた事だったりがこの曲のコンセプトの下地になっているので、色々な事を経て生まれたという意味では、おっしゃる通りだと思います。
●自らの経験が下地になりつつも、ブログには応援歌を作りたかったというコメントもされていましたが?
VALSHE:
『RIOT』の制作中、物事っていい出来事か悪い出来事かの判断だけじゃなくて、自分自身の考え方、受け取り方、選択ひとつで色んな方向に変わるもんだよなっていう事をとても強く体感する事があって、それを形にしようと思った時に、自分自身に喝を入れるような楽曲でもありつつ、誰にだって立ち止まる時や考える時はあるだろうし、そういう時に背中を押せるような、皆さんにも応援歌として聴いてもらえるような曲を作りたいと思って制作に至りました。
●「決断」や「覚悟」が大事というメッセージが込められているのでしょうか?
VALSHE:
そうですね。いわゆる応援歌といっても色々な形があると思うんですけど、自分は偏屈なんでしょうか(笑)、頑張ろうねって漠然と言われても、あまり頑張ろうって思えないんですよ。そこに立ち向かっていくにあたって、やるって決めたんだったら、いい事も悪い事も全部ひっくるめて頑張ってやってやろうぜ!っていう方が好きだし、自分自身にもそういう風に喝を入れる事が多いです。
●こちらもブログで拝見したのですが、2017年のテーマは「可能性」と書かれていましたが、可能性って広がれば広がる程選択肢が増えて一見自由に思えるけど、逆に迷いが生まれたり決断を強いられる場面が増えますよね。でもそれを怖がっていたら、世界は広がっていかないし。そういう部分で、ご自身の今年のテーマと、この曲のテーマもリンクする部分があるのかな〜と。
VALSHE:
歌詞にも登場するのですが、石橋を叩き過ぎるというか、慎重になり過ぎている自分に気付く事が多くて、その慎重さは自分自身の良いところでもあるのですが、でも後先考えずとは言わないけれど、後の事ばかり考えていても今を楽しめないし、とりあえずやってみよう!みたいな部分も大事にしたいなと思って。もし今これをやったらこうなって、そしたら来年はこうなっているかもしれないっていう風に考え過ぎるのはほどほどにしたいなと。これまでの活動や経験を経て、現在の自分になら、今を楽しみつつ未来も描きつつという事が出来るかもしれないと思った時に、「可能性」というテーマはすごくしっくりきたんです。だから、曲の中にもそういう思いが自然と込められていると思いますね。
●歌詞に“死に様ばっか気にした無様な生き様”というフレーズがありますが、誰しも結果を気にし過ぎて前に進めない事ってありますよね。
VALSHE:
多くの人がそうなりがちだと思うんです。だけどそうやって考えているほど綺麗に死ねないもんだよなとも思うし(笑)。結局どれだけ素晴らしい選択をしても、どれだけ駄目な選択をしても、もう片方を絶対考え続けるじゃないですか。あっちを選択していたらどうなっていたんだろうって。だったらやっぱり今をもっと大切にしないと、だって積み重ねだしって、2016年の中で強く思う事がきっと多かったからだと思います。
●自分で選んだ道ならって、出来るだけ後悔しない選択、生き方をする事が大事なんでしょうね。
VALSHE:
そうですね。その上で自分は、もっともっと目の前の事だったり、目の前の人だったりを、立ち止まりたいなって思うくらい、噛み締めたいなって思うくらい、大事にしてみようって思う年でもあって……。
●今でもファンの方々への思いがとても深く、大切にされるアーティストさんだなという印象が強いですが。
VALSHE:
この活動をしている上でそこが褪せてしまう事はないんだろうなって思うんですけど。でも出来る事が増えれば、自分自身表現出来る事、伝えられる事も増えるだろうし、それを受け止める人達も、ひとつの視点からだけじゃなくて、色んな視点から自分自身を見てもらって、色んなフィルターを介して受け取れるメッセージっていうのもあったらいいなと思っています。
●なるほど〜。その思い、まさに「MONTAGE」から受け取って欲しいですね。

(続く........)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.172〜175)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年2月17日(金)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.172-175/VALSHEインタビューのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

10th Single 「MONTAGE」
2017年2月8日(水)リリース!

■初回限定盤A(CD+DVD)

価格:¥1,900(税込)/品番:JBCZ-4029

<収録曲>
M1: MONTAGE  作詞:VALSHE 作曲:VALSHE
M2:フロムテンペスト 作詞:VALSHE 作曲:バルと瞬さん★
M3:方舟 作詞:VALSHE 作曲:doriko
M4: MONTAGE(TVサイズ)

<特典DVD>
・「MONTAGE-TAKE2 ver.-」MUSIC VIDEO
・Making of 「MONTAGE」


■初回限定盤B(CD+DVD)
価格:¥1,900(税込)/品番:JBCZ-4030

<収録曲>
M1: MONTAGE 作詞:VALSHE 作曲:VALSHE
M2:ドミノエフェクト 作詞:VALSHE 作曲:バルと瞬さん★
M3:方舟 作詞:VALSHE 作曲:doriko
M4: MONTAGE(TVサイズ)

<特典DVD>
・「MONTAGE-TAKE1 ver.-」MUSIC VIDEO
・『仲良し人狼ゲーム〜世の中食うか食われるかですぞ〜』


■Musing盤(CD+グッズ付き)
価格:¥3,900(税込)/品番:JBCF-1007

<収録曲>
M1: MONTAGE 作詞:VALSHE 作曲:VALSHE
M2:ドミノエフェクト 作詞:VALSHE 作曲:バルと瞬さん★
M3:フロムテンペスト 作詞:VALSHE 作曲:バルと瞬さん★
M4:方舟 作詞:VALSHE 作曲:doriko
M5: MONTAGE(TVサイズ)
☆白皙ブックレット

<グッズ>
フォトアルバム「stray sheep」

※音楽ポータルサイト「Musing」のみでのお取り扱いとなります。

■通常盤(CD)
価格:¥1,300(税込)/品番:JBCZ-4031

<収録曲>
M1: MONTAGE 作詞:VALSHE 作曲:VALSHE
M2:フロムテンペスト 作詞:VALSHE 作曲:バルと瞬さん★
M3:方舟 作詞:VALSHE 作曲:doriko
M4: MONTAGE(TVサイズ)

<全形態共通封入特典>
ジャケ写サイズステッカー4種類のうち1種類をランダム封入
3rd LIVE DVD(発売日未定)連動特典用シリアルナンバー入りペラ

★「MONTAGE」タイアップ:TVアニメ「信長の忍び」主題歌

VALSHEオフィシャルサイト
http://valshe.jp/


2017年01月20日(金)

VOL.162〜164_焚吐インタビュー(1/19配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 284-1.jpg


焚吐インタビュー
1st Album 『スケープゴート』
2017年2月8日(水)リリース!


現役大学生で、シンガーソングライターの焚吐が、10歳から19歳までに書き溜めた曲や10代で歌った曲から厳選した12曲を収録した1stアルバムを遂にリリース!! コミュニケーションが苦手なせいで普段なら表に出せない様々な感情を“音楽(スケープゴート)”に託す事で吐露してきたという焚吐。2017年2月20日に20歳を迎える彼の10代最初で最後のアルバム『スケープゴート』について約8000字に及ぶロングインタビューをお届けします!

●まずは2016年を振り返って、どんな1年でしたか?
焚吐:
自分の苦手な事に沢山挑戦させて頂けた1年でした。デビューする前にコンプレックスだった自分の声を見直す事が出来たり、自分にとって人生初のラヴソングとなる2ndシングル「ふたりの秒針」を作ったり、夏に行った60回公演はこれまでとても苦手としていたストリートライヴに挑戦したという事で、かなり色々な事に挑戦出来た1年でしたね。
●11月4日に池袋RUIDE K3で行われた2回目のワンマンライヴも良かったですね。歌が安定しているのはすでに分かっていたんですけど、MCの内容も面白く、間合いも絶妙で、総合的にとても内容の濃い成長を感じるステージングでした。
焚吐:
ありがとうございます。デビューをきっかけに人間として成長出来たと感じる部分がたくさんありますし、アーティストとしても、特にステージでパフォーマンスする上で成長出来た1年だったんじゃないかなと実感しています。
●1stアルバム『スケープゴート』は、様々な挑戦によって成長を遂げた2016年を踏まえての内容になっているのでしょうか?
焚吐:
そうですね。でも1stアルバムという事で、これまで約10年の音楽活動が反映された内容になっていて、10歳の頃に書いた曲も入っていれば、つい最近出来たばかりの曲もラインナップしています。
●通して聴き終わった後に、すごい熱量を感じました。10年間に書き溜められた曲の中から厳選した12曲を収録しているという事ですが、決して過去を振り返るだけの作品ではなく、熱量の矛先は力強く未来へと向かっているな〜と。結果的にリスナーに向けたメッセージ性の強い作品にも仕上がっていますよね。
焚吐:
この作品に関しては、“未来に向けて”とおっしゃって頂けた事が言い得て妙というか……。元々自分の思いを吐き出すとか、かなり後ろめたい気持ちを抱きながら音楽をずっとやってきたんですけど、今回改めて言葉にする大切さを痛感しました。今作のタイトル『スケープゴート』は自分が音楽をやっている意味、曲というスケープゴートに思いを託しているという思いがとても強いので、原点だとか、理由だとかが表れた12曲が揃ったんじゃないかなと思っています。
●今作は有望なクリエイターの方々とのコラボレーションも大きな聴き所の1つになっていますね。
焚吐:
アルバムって特別ですし、自分1人では決して完結出来ないものなので、皆さんのおかげで本当にいい作品になったと感謝しています。自分とはまた違った一面を引き出してもらえて、たくさんの刺激を頂きました。


(続く........)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.162〜164)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年1月30日(月)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.162-164/焚吐インタビューのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…


1st Album 『スケープゴート』
2017年2月8日(水)リリース!

■初回限定盤A(CD+DVD)
価格:¥3,900(税込)/品番:JBCZ-9049

■通常盤(CDのみ)
価格:¥3,000(税込)/品番:JBCZ-9050

【収録曲】
1.ハイパールーキー
2.僕は君のアジテーターじゃない (1st EP 収録曲)
3.黒いキャンバス
4.オールカテゴライズ (1st Sg / アニメ「ヤング ブラック・ジャック」エンディングテーマ)
5.君がいいんです
6.ふたりの秒針 (2nd Sg / アニメ「名探偵コナン」エンディングテーマ)
7.グリンプス・グランパ
8.青い疾走 (タワーレコード池袋店 限定シングル収録曲)
9.夢負い人 (新曲 / 2017年1月~テレビ東京「闇芝居 四期」エンディングテーマ)
10.クライマックス (1st EP 収録曲 / TBSテレビ「CDTV」10月度エンディングテーマ)
11.彼方の明日
12.ティティループ

【初回盤 DVD収録曲(順不同)】

オールカテゴライズ MV
子捨て山 MV
ふたりの秒針 MV
てっぺん底辺 MV
人生は名状し難い MV
クライマックス MV
僕は君のアジテーターじゃない MV


“リアルライブ・カプセル Vol.2”
1/21よりチケット一般販売開始


<大阪公演>
■日程:2017年2月25日(土)
■会場:大阪・心斎橋 ヒルズパン工場
■開場 / 開演:17:00 / 17:30
■お問い合わせ:サウンドクリエーター TEL:06-6357-4400

【大阪公演一般販売情報】
■SC TICKET <http://www.sound-c.co.jp/schedule/detail/1204/>
■チケットぴあ <http://t.pia.jp/ > TEL: 0570-02-9999(Pコード:310-892)
■ローチケHMV <http://l-tike.com/> TEL: 0570-084-005(Lコード:59332)
■イープラス <http://eplus.jp>


<名古屋公演>
■日程:2017年2月26日(日)
■会場:名古屋・ell.FITS ALL
■開場 / 開演:17:00 / 17:30
■お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション TEL:052-320-9100

【名古屋公演一般販売情報】
■サンデーチケットセンター<https://www.sundayfolk.com/ticket/order/gvchpbpa/>
■チケットぴあ <http://t.pia.jp/ > TEL: 0570-02-9999(Pコード: 313-608)
■ローチケHMV <http://l-tike.com/> TEL: 0570-084-004(Lコード:41894)
■イープラス <http://eplus.jp>


<東京公演>
■日程:2017年3月5日(日)
■会場:SHIBUYA WWW(東京)
■開場 / 開演: 16:15 / 17:00
■お問い合わせ:ホットスタッフ プロモーション TEL:03-5720-9999

【東京公演一般販売情報】
■チケットぴあ <http://t.pia.jp/ > TEL: 0570-02-9999(Pコード: 314-901)
■ローチケHMV <http://l-tike.com/> TEL: 0570-084-004(Lコード:74209)
■イープラス <http://eplus.jp>


<公式サイト>
http://www.takuto-official.com/


2016年12月29日(木)

VOL.153〜155_BREAKERZインタビュー(12/28配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 283-1.jpg


BREAKERZインタビュー
「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」
2017.1.18 Release


2017年にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが、その幕開けとも言える通算17枚目のシングル「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」を1月18日にリリースする。10周年企画として1月21日からは10公演にわたる10アーティストとの2マンライヴ「BREAKERZ 10周年10番勝負 —VS—」もスタート。
ニューシングルについて、さらに来年へ向けての意気込みなど、メンバー3人に話を聞いた!


●「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」の出来上がりに関して、皆さんそれぞれの手応えとセールスポイントを教えてください。
DAIGO:
僕たちが大事にしている勢いもありつつ、メロディアスでキャッチーな曲だと思うし、イントロからすごくスリリングで、コナンにもぴったりな曲に仕上がったと思います。またBREAKERZの中で過去一番最長のタイトルになっているんですけど、J-ROCK=日本語のロックをやっているという自分達のスタンスと、所属レーベルらしいタイトルでもあるかなっていうことで、これまで影響を受けてきた音楽の歴史みたいなものを自分の中で色々融合させる事が出来た1曲かなと思っています。
AKIHIDE:コナンのオープニングに映えるような、スリリング、サスペンスな感じのギターリフがあって、コナン君と蘭ちゃんの切ない恋愛模様が感じられるメロディが合わさればいいなと思って、そのメリハリを一番意識しながら作曲しました。歌詞を見せてもらった時にDAIGO君から、“キラキラしたJ-POPチューンにしましょう”というメールをもらって、“なるほどな”って逆にそこで気付かされたと言いますか。すごくそういう言葉がはまってる、キラキラと、J-POPの流れを汲んだ僕達らしい作品になったんじゃないかなと思います。
SHINPEI:BREAKERZの王道のサウンドであり、コナンのファンの方々にも共感してもらえる世界観と歌詞になっていて、そのバランスがすごくバッチリな1曲が出来上がったと思います。10周年を迎えるBREAKERZにとって新たな意思表明として一番核となるのは、やはり新曲を作って届ける事だと思うので、この大事なタイミングにコナンのお話を頂けたのも嬉しかったですし、その中で僕ららしい王道チューンが作れたのはすごく良かったというのが率直な思いです。

●来年1月からスタートする「BREAKERZ 10周年10番勝負 —VS—」ですが、対バン形式のライヴという事でしょうか?
DAIGO:
はい。BREAKERZともう1組のアーティストさんとで対バン形式のライヴをします。ゆかりのある10組のアーティストさんと、10公演にわたっての開催となりますが、それぞれ一夜限りのステージとなります。僕達がお迎えする側でもあるから是非BREAKERZファンの皆さんには集結して頂いて、対バン相手のステージも思い切り盛り上がってもらって、一緒に作っていくイベントにしたいです。


(続く.....)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.153〜155)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年1月25日(木)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.153-155/BREAKERZインタビューのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※なお、2016.12.29〜2017.1.5は取材及び、年末年始休業のため返信が出来ません。予めご了承ください。


━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…


17th Single「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」
2017.1.18 Release


■初回限定盤A【CD Only】
品番:ZACL-4046/価格:¥1,600(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
<名探偵コナンテーマソング ~Special Live Track~>
M-2 Everlasting Luv
[2015.5.20 BREAKERZ FREE LIVE at 代々木公園野外ステージ]
M-3 Miss Mystery
[2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ IX』at 豊洲PIT]
M-4 WE GO
[2015.9.26 BREAKERZ LIVE TOUR 2015 Ø-ZERO- at TOKYO DOME CITY HALL]
M-5 光
[2010.12.1 BREAKERZ LIVE TOUR 2010 BUNNY LOVE ~野生に還れ~ at 中野サンプラザホール]
M-6 月夜の悪戯の魔法
[2012.4.8 SPRING PARTY 2012 DAIGO's Birthday ~変身!! 魅惑のウルトラD~ @TOKYO DOME CITY HALL]
M-7 オーバーライト
[2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ IX』at 豊洲PIT]


■初回限定盤B【CD+DVD】
品番:ZACL-6041/価格:¥1,500(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-2 Kamisori ~Acoustic Version~
(words:AKIHIDE music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
☆特典DVD収録内容:「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」Music Clip+Music Clip Off Shot


■通常盤【CD Only】
品番:ZACL-6042/価格:¥1,000(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-2 Kamisori ~Acoustic Version~
(words:AKIHIDE music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-3 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて ~TV Size Edit~
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
※初回生産分のみ:トレーディングカード封入(全4種類/ランダムで1枚封入)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS->
全10公演/2017年開催/10アーティストとの2マンイベント

【-VS- GRANRODEO】
2017年1月21日(土) Zepp Namba
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年1月7日(土)
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

【-VS- SKY-HI】
2017年2月4日(土) Zepp Tokyo
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年1月7日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【-VS- シド】
2017年2月18日(土) Zepp Namba
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

【-VS- MY FIRST STORY】
2017年3月5日(日) Zepp Nagoya
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

【-VS- Trignal】
2017年3月20日(月・祝) Zepp DiverCity TOKYO
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【-VS- 超特急】
2017年4月2日(日) Zepp Nagoya
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

【-VS- ゴールデンボンバー】
2017年4月16日(日) Zepp Tokyo
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年4月1日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【チケット】
1Fスタンディング・2F指定席・2F立見 7,500円(税別)※8,100円(税込)
※各会場限定の「-VS-」ステッカー付き。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※1Fスタンディングは整理番号順の入場になります。

■BREAKERZ OFFICIAL WEBSITE
http://breakerz-web.net/


2016年12月28日(水)

VOL.151〜152_森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016 レポート(12/27配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 282-1.jpgアップロードファイル 282-2.jpg


特別寄稿
森友嵐士25周年記念
SINGING TREE ファンミーティング2016


〜90年代、T-BOLANのディレクターを務めていらっしゃった寺尾広さんより、特別寄稿が寄せられましたのでご紹介します!!〜

寺尾広です。
12月10日(土)に開催された「森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016」の司会をしてきました。
森友さんから直々にお電話をいただき、司会を頼まれました。こんな有り難く、光栄なお話を頂けるとは!
実は僕は1993年秋にT-BOLANのファンクラブミーティングの司会をしたことがあり、こういう機会では23年ぶりになるわけです。
では早速振り返ってみましょう。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

横浜・関内のラジオ日本に隣接する「ラジアントホール」には朝早くからファンの方が集まって始まるのを待っていた。
オンタイムで寺尾広が登場。馴れ初めを簡単に自己紹介して、早速呼び込んで森友嵐士さんが登場!ブラックでおしゃれなジャケットで、颯爽としてなおかつロックな装い!
森友嵐士さんを構成した半世紀を振り返るということで、パワーポイントを使って画像がプロジェクターに次々に映し出された。1歳半の頃の父親に抱かれた写真や、最近自ら撮影してきたという小学校・よく遊んだ河原・高校などの写真。高校にあるホールも映し出されていたが、高校生の時にこのホールで2時間ワンマンライブ(しかも一人で!)をやった話など初めて紹介される話題が多く、早くも会場は森友さんの話に釘付けに。そして大学の時にバイトしていたライブハウスで「いとしのエリー」を歌ったことがきっかけで、後に一緒にやることになる青木和義さんと出会い・・・ここで森友さんに呼びこまれて青木さんが登場!青いジャケットで満面の笑顔はまさに永遠の少年!


(続く.....)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.151〜152)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年1月24日(水)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.151-152/森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016 レポートのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※なお、2016.12.29〜2017.1.5は取材及び、年末年始休業のため返信が出来ません。予めご了承ください。

------------------------------------------------------------------

■森友嵐士オフィシャルファンクラブ
https://arashi.fanmo.jp/

■「T-BOLAN 一夜限りのカウントダウン LIVE」
http://www.beinggiza.com/zain/t-bolan/

■森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!
http://www.jorf.co.jp/?program=arashi


2016年12月22日(木)

SPECIAL_クリスマス & 年末特集 ちら見せ!(PART.2)

PART.1に続いて、
アーティストの皆さんが選んでくれた
今年のクリスマスのBGMにおススメの曲をご紹介します!

ちなみに、メルマガでは以下の回答も配信しました。
◇今年サンタにおねだりしたいクリスマスプレゼントは何ですか?
◇2016年を振り返って、また2017年に向けての意気込みをお願いします!


(配信した順番に掲載します)

★アンティック-珈琲店-さん
(1)ご自身の楽曲から
★みく:「恋するサンタクロース」
★カノン:「恋するサンタクロース」
★takuya:「恋するサンタクロース」
★ゆうき:「恋するサンタクロース」
★輝喜:「七色クレヨンで描く光」

(2)他のアーティストの楽曲から
★みく:「雪の華」/中島美嘉
★カノン:「恋」/星野 源
★takuya:「A/Z」/Sawano Hiroyuki
★ゆうき:「白い恋人達」/桑田佳祐
★輝喜:「ORIGINAL LOVE」/BAROQUE

ーーーーーーーーーーーーー

★蓮花さん
(1)ご自身の楽曲から
「Melody of Memory」
※この曲のメロディが、冬や雪を連想するような雰囲気もあるので、ぜひクリスマスのBGMにも聴いていただけたら嬉しいです。

(2)他のアーティストの楽曲から
「Last Christmas」/Wham!
※幼い頃からクリスマスシーズンになるとこの曲がラジオから流れてきたり、街でも流れていたので、体に染み付いている曲です。この曲を聴くと、クリスマスの季節だなぁ…と、感じます。

ーーーーーーーーーーーーー

★焚吐さん
(1)ご自身の楽曲から
「ふたりの秒針」

(2)他のアーティストの楽曲から
「クリスマス」/amazarashi

ーーーーーーーーーーーーー

★dorikoさん
(1)ご自身の楽曲から
2007年、「初音ミク」で初めて作った、「みっくりすます」という「お一人様」向けの曲がニコニコ動画にまだあるはず。「真面目に」聴いてはいけないよ。

(2)他のアーティストの楽曲から
クリスマスソングではないですが、CMソングで有名になったジェームズ・ブラントさんの「You’re Beautiful」。雪の中ので歌うPVが印象的だったので、冬ソングの印象。

ーーーーーーーーーーーーー

★Purple Stoneさん
(1)ご自身の楽曲から
●Keiya:2nd Sg c/w「LIGHT BLUE」
●GAK:5th Sg 「パニックパニック!」
●風麻:5th Sg 「パニックパニック!」

(2)他のアーティストの楽曲から
●Keiya:「ラスト・クリスマス」/ワム
●GAK:「熱風!疾風!サイバスター」/JAM Project
●風麻:「This Christmas」/ Donny Hathaway

ーーーーーーーーーーーーー

★La PomPonさん
(1)ご自身の楽曲から
●YUKINO:「HOT GIRLS」
※冬は寒いので気分だけでもHOTに!
●KIRI:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
※クリスマスの曲ではないのですが、アップテンポな楽曲なので クリスマスのワクワクした気持ちにピッタリだと思い、選びました!
●RIMA:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
●KAREN:「運命のルーレット廻して」
●MISAKI:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
●HINA:「運命のルーレット廻して」

(2)他のアーティストの楽曲から
●YUKINO:「mistletoe」/justin bieber
●KIRI:「White Light」/安室奈美恵
●RIMA:「Gift」/Nissy
●KAREN:「クリスマスソング」/back number
●MISAKI:「Pink Key」/安室奈美恵
●HINA:「恋人たちのクリスマス」/マライア・キャリー