リリース・ライブ情報♪

2020年11月18日(水)

【AKIHIDE】 11/25リリースのアルバムから2曲先行配信スタート! 4週連続の配信ライブツアーも開催中!

アップロードファイル 190-1.jpg

11月25日にリリースされるBREAKERZのギタリストAKIHIDEのソロ8枚目のアルバム「LOOP WORLD」より「LOOP WORLD」「樹海」の2曲の先行配信がスタートしました。

コロナ禍を経て生まれた今作は、“ループペダル”を駆使したAKIHIDEの独奏による楽曲で構成されているが、アルバムの発売に先駆け、BREAKERZのYouTubeチャンネルでは「AKIHIDE × ループペダルシリーズ」を展開中です。

実際にループペダルを使用して生演奏された映像は全編ロケ撮影で行われたもので、撮影シチュエーションやカメラワークなど、全てAKIHIDE監修によるもの。
今作のコンセプトが視覚からも感じられる仕上がりになっているので、アルバム発売前に是非とも触れてほしい。

また、11/14(土)より自身のプライベートスタジオ「MOON SIDE STUDIO」から4週続けてお送りする配信ライブツアーも好評開催中で、11/21(土)第二夜以降の視聴券は現在発売中。
第一夜のアーカイブ配信視聴券も11/20(金)まで発売中なので、初日の生配信を見逃した方も是非チェックしてほしい。

配信ライブツアーを経て、12月19日には、東京:大手町三井ホールにて待望の有観客ライブ開催も控えており、来週のアルバムリリース以降もAKIHIDEの動向から目が離せない!

AKIHIDE「LOOP WORLD」Promotion Movie
https://www.youtube.com/watch?v=Tx6q3blOQl4

AKIHIDE × ループペダルシリーズ
https://www.youtube.com/playlist?list=PLA8NVHgTSm2ckE8cZGKLB5jJoCi0-cOpP

●INFORMATION●
【Release】
AKIHIDE 8th ALBUM「LOOP WORLD」
2020.11.25 release!

特設サイト
http://akihide.com/special/loop_world/

■収録曲
M1 迷子の朝
M2 LOOP WORLD
M3 夜の獣
M4 樹海
M5 蛍火
M6 真夜中に咲く花
M7 New“Today”
M8 おかえり

※ボーナストラック(通常盤のみ収録)
M9 美しい瞳(from AKIHIDE MUSIC THEATER -星の還る場所- @ヒューリックホール東京)
M10 涙の海、越えて(from AKIHIDE MUSIC THEATER -星の還る場所- @ヒューリックホール東京)

<初回限定盤:2CD>
¥5,888(税込) / ZACL-9118~9119

・特典CD「In the “LOOP WORLD” -Best Selection-」付属
・「LOOP WORLD」コンセプトストーリーブック同梱
・オンラインアート展「Into the “ART WORLD”」 参加券封入

■特典CD 収録曲
M1 星祭りの夜に
M2 Lost
M3 RAIN MAN
M4 Moon Dancer
M5 星の王子さま
M6 蜘蛛の糸
M7 Lapis Lazuli
M8 メモリーフィッシュ


<通常盤:1CD>
¥3,000(税込) / ZACL-9120

・ボーナストラック2曲収録
・「LOOP WORLD」コンセプトストーリー(web版)アクセスコード付属
・ドキュメントムービー「From “DOCUMENTARY WORLD”」 視聴券封入

【LIVE】
AKIHIDE 1st 配信ライブツアー「LOOP WORLD」
11月14日(土)第一夜 -記憶の海-
11月21日(土)第二夜 -星月夜-
11月28日(土)第三夜 -樹海の夜-
12月5日(土)第四夜 -New “Today”-

配信時間
21:00開始予定(※22:00 終了予定)

配信メディア
イープラス「Streaming+」
https://eplus.jp/sf/streamingplus
※対応デバイス:スマートフォン、PC、タブレット

チケット
視聴券 ¥3,500(税込)
チケット販売中
※全公演アーカイブ配信あり

申し込みURL
https://eplus.jp/akihide-tour-st/
※ご利用には「e+(イープラス)」の会員登録が必要となります。


■AKIHIDE SPECIAL LIVE X’mas LOOP WORLD

2020年12月19日(土)
東京:大手町三井ホール

※サポートミュージシャン
Bass:砂山淳一
Perc:豊田稔
Key:小林岳五郎

1st stage
-白銀のクリスマス-
開場 15:00 / 開演 15:45

2nd stage
-真夜中のクリスマス-
開場 18:15 / 開演 19:00

チケット代金
指定席 7,500円(税込)
FC限定スペシャルグッズ付指定席 9,000円(税込)

チケット一般発売:11月28(土)~

※未就学児入場不可
※問い合わせ先:ディスクガレージ 050-5533-0888

■Total Information
AKIHIDE Official Site  http://akihide.com
AKIHIDE Official Twitter  https://twitter.com/AKIHIDE_RAINMAN

BREAKERZ Official Site http://breakerz-web.net/
BREAKERZ Official Twitter:@BRZofficial0725 http://twitter.com/BRZofficial0725
BREAKERZ Official Facebook:http://www.facebook.com/breakerz.official


2020年11月18日(水)

WANDS 最新配信ライブからニューアルバム『BURN THE SECRET』収録の人気曲 「賞味期限切れ I love you」映像を公開!

アップロードファイル 189-1.jpg

10月28日にリリースしたニューアルバム『BURN THE SECRET』が好評を博す中開催された配信ライブ「WANDS Streaming Live〜BURN THE SECRET〜」から、「賞味期限切れ I love you」のライブ映像が公開された。
この配信ライブ、2日にわたってDay1、Day2が行われ、配信後には“WANDSのライブ、最高過ぎた!絶対観た方がいい!”“Day2を観るか悩んでる人がいたら絶対にチケット買った方がいい”と、アーカイブの視聴を勧めるコメントがSNSに飛び交い、何度も繰り返して視聴する人が続出する等、大絶賛されており、1曲とはいえ、今回のライブ映像公開に早くも多くの反響が寄せられている。

なお、配信ライブ「WANDS Streaming Live〜BURN THE SECRET〜」の模様は、「WANDS Streaming Live 〜BURN THE SECRET〜 Special Edition」として12月20日にCS放送ファミリー劇場での放送も決定!

さらに、WANDSのライブを生で体感出来る機会がついに到来!年末に開催されるCOUNTDOWN JAPAN 20/21への出演が本日発表されているのでチェックしたい。

昨年11月17日の再始動ライブでの劇的な復活を果たしてから1年。ノンストップで活動してきたWANDSの2020年はまだまだ熱い…! 2021年への期待も膨らむばかりだ。

■WANDS「賞味期限切れ I love you」
 From "WANDS Streaming Live〜BURN THE SECRET〜"
https://www.youtube.com/watch?v=XXdxhWgKXxU

■「WANDS Streaming Live 〜BURN THE SECRET〜 Special Edition」
放送局:CS放送 ファミリー劇場「ファミリー劇場 de ラグジュアリーLIVE」
日時:2020年12月20日 (日) 20:20〜
出演 WANDS
※10月31日 (土)・11月1日 (日)に行った配信ライブの厳選映像に、未公開部分を加えたファミリー劇場特別版を独占TV初放送!
▶番組視聴方法など、詳しくはこちら
 https://www.fami-geki.com/fami-live/

■COUNTDOWN JAPAN 20/21
日程:2020年12月27日(日)・29日(火)・30日(水)・31日(木)
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
※WANDSは12月31日に出演!
▶詳しくはこちら
 http://countdownjapan.jp/

WANDS最新情報はこちら
▶ WANDS Official Website https://wands-official.jp/


2020年11月10日(火)

SARD UNDERGROUND 初のホールライブ!!

アップロードファイル 188-1.jpgアップロードファイル 188-2.jpg

約9か月ぶりとなるライブ!
初の単独ホールライブで見せた確実な成長とZARDへのリスペクト!
大阪2公演を経て、約1年ぶりの東京公演へ!


10月7日にリリースした2ndトリビュートアルバム『ZARD tribute Ⅱ』が好評を博している新世代・ZARDトリビュートバンド“SARD UNDERGROUND”が、11月8日(日)、大阪・堂島リバーフォーラムでライブを行った。
デビュー以来、インストアイベントやライブイベントにも参加し、単独以外でも積極的にライブパフォーマンスを披露してきた彼女たちだが、もともと予定していたライブやインストアイベントは2月下旬から行うことが出来ず、ファンの前での演奏は実に9か月ぶりとなった。
この日の大阪公演は、当初1回のみの予定だったが、多くの反響があり、昼公演を追加した一日2公演を開催。「Good-bye My Loneliness」で始まったライブでは、最新アルバム『ZARD tribute Ⅱ』はもちろん、『ZARD tribute』収録のZARDの名曲たち、そしてZARD・坂井泉水の未公開詞により完成したSARD UNDERGROUNDのオリジナル楽曲を含めた全20曲を披露した。
今回、SARD UNDERGROUNDとしては初のホールツアーであり、単独でのホール公演も初めてだった彼女たちだが、万全の感染対策のもと集まったファンの前での久しぶりの演奏に感激もひとしお。それはファンにとっても同じで、終始、歓声代わりの大きな拍手がステージに送られていた。
その拍手は、ライブを開催してくれたことへの感謝であり、何よりも彼女たちの演奏、MC、その一挙一動から伝わってくるZARDへのリスペクトへの共感であり、前回よりも確実に成長した彼女たちのパフォーマンスを称えるものであったと思う。
ボーカル・神野友亜のボーカルの表現力はより多彩となり、ギター・赤坂美羽はZARD永遠のスタンダードナンバーを印象付けるギターソロの数々に挑み、ベース・杉岡泉美のベースは安定感を増してバンドサウンドを支え、キーボード・坂本ひろ美の奏でるより彩り豊かになった音色も華やかだ。また、ある種のサプライズでもあったのが、「あの微笑みを忘れないで」で聴かせたメンバー全員による見事なコーラスワーク。まだまだ完璧ではない。けれど、目にする度、耳にする度に確実な成長を感じさせるSARD UNDERGROUND。そこから、彼女たちの真摯でまっすぐで努力を惜しまない姿勢を垣間見て、また彼女たちを応援したくなった時間でもあった。
そして、残念ながらZARDのライブでは披露されることの無かった多くの名曲たちを、“ライブ”で楽しめる奇跡。SARD UNDERGROUNDによって「負けないで」や「揺れる想い」といったヒット曲だけでなく、隠れた名曲も含め、まだまだ多くの坂井泉水の“詞(ことば)”が今の時代に伝わる可能性が広がっているのだと実感する時間でもあった。
これからも彼女たちの成長と、奇跡を見たいと願う。
(TEXT:高橋真衣)

SARD UNDERGROUND LIVE TOUR 2020
●2020年11月8日(日) 堂島リバーフォーラム 終了
【追加公演】開場 13:00 / 開演 14:00 SOLD OUT!
【夜公演】開場 17:00 / 開演 18:00 SOLD OUT!
(問) キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888

●2020年11月13日(金) ヒューリックホール東京 追加席販売決定
開場 18:00 / 開演 19:00
(問) H.I.P. TEL:03-3475-9999

全席指定
チケット料金:前売り ¥6,000 (税込) / 当日 ¥6,500 (税込)
※3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
※入場時ドリンク代別途必要
※学生割引 あり

詳しくはこちら http://sard-underground.jp/live.html

SARD UNDERGROUND
2nd トリビュートアルバム『ZARD tribute Ⅱ』

NOW ON SALE
【初回限定盤】CD+DVD GZCA-5299 ¥4,500+ 税
【通常盤】CD GZCA-5300 ¥2,500+ 税

CD収録
1. 君に逢いたくなったら…
2. 眠れない夜を抱いて
3. あなたを感じていたい
4. 星のかがやきよ
5. こんなにそばに居るのに
6. 息もできない
7. ハイヒール脱ぎ捨てて
8. Get U’re Dream
9. Top Secret
10. 好きなように踊りたいの
11. 瞳そらさないで
12. Oh my love

特典 DVD [ 初回限定盤のみ ]
SARD UNDERGROUND 4th LIVE in TOKYO @ 新宿 ReNY
01. 揺れる想い 02. 愛は暗闇の中で 03. きっと忘れない 04. 君がいない 05. 心を開いて 06. 少しづつ 少しづつ
07. 少女の頃に戻ったみたいに 08. 永遠 09. 突然 10. マイ フレンド 11. DAN DAN 心魅かれてく 12. 負けないで
EN1. Don't you see! EN2 あの微笑みを忘れないで


2020年11月09日(月)

T-BOLAN  新たな物語を加え、 映画「T-BOLAN THE MOVIE」の再上映が決定!

アップロードファイル 186-1.jpg

「T-BOLAN THE MOVIE 
あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた そして 今も…ずっと」
11月27日(金)より 全国イオンシネマ10館で公開


「バンドとは、家族みたいなもの…。」T-BOLANのヴォーカル森友嵐士は、2014年の映画公開時にそう語っている。
そのオリジナル版では、約1700万枚CDセールスを記録したT-BOLAN 奇跡の復活を メンバー、著名人等のインタビューにより記録。バンドを核としたメンバー4人の繋がりと、T-BOLANの音楽を聴いていた人々を繋ぐそれぞれの想いが語られていた。
その再上映版となる今作は秘蔵コンサート映像を加え、2014年以降に起きた出来事をヴォーカル森友嵐士が、2020年の今 新たに撮影されたインタビューで想いを語っている。

ロックバンドとしての頂点に駆け上がる最中、森友は原因不明の歌えない症状に陥り(後に心因性発生障害と診断)、バンドは解散。その後約14年間、一人もがき苦しんだ時を経てソロで活動を再開、そして2014年にT-BOLANとしても復活を果たす。
復活ライブは大成功を収めたが、これでバンドは約束を果たしたとして活動を再休止。(1995年3月26日のツアーファイナルを森友の喉の不調により満足な内容で行えずにそのままバンドは解散したが、2014年東京・大阪でライブを敢行、リベンジ)
しかし、家族と銘打ったバンドのメンバー 上野博文(ベース)が難病(2015年くも膜下出血で生死を彷徨う)に見舞われる。このアクシデントに端を発し、上野の想いの為にも継続的なバンド活動を決意。メンバー個々に様々な苦難を乗り越え2017年に完全復活を果たした(2018~19年「励」、2020年~「繋」全国ツアーを相次いで開催)。

新たなインタビューで森友は、「T-BOLANを聴いていたあの頃の自分と対面して二人が話せばいい。それぞれの『My life is My way』を突っ走って欲しい。」と。

「あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた そして 今も…ずっと」その想いは、今もココ(胸の奥)にある。

◆タイトル:「T-BOLAN THE MOVIE あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた そして 今も…ずっと」
◆上映期間:2020年11月27日(金)~12月3日(木)
◆鑑賞料金:¥2,500-(税込)
◆内容:「T-BOLAN THE MOVIE~ あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた ~」→2014年上映作品
+T-BOLANインタビュー映像「奇跡の復活、その後」秘話(2020年収録)→23年ぶりの全国ツアーの模様を交えた今回撮影のインタビュー

■T-BOLAN YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOmsRA-uLJ2y6UaGC-9iCyw
公式チャンネルでは大ヒット曲のMVやライブ映像を公開中!
・悲しみが痛いよ (Music Video) 1991.07.10 release
・離したくはない (Music Video) 1991.12.18 release
・JUST ILLSION ((Music Video) 1992.02.26 release
・サヨナラから始めよう (Music Video) 1992.05.27 release
・じれったい愛 (Music Video) 1992.09.22 release
・Bye For Now ((Music Video) 1992.11.218 release
・おさえきれないこの気持ち (TVオンエアサイズ) 1993.02.10 release
・すれ違いの純情 (Music Video) 1993.03.10 release
・刹那さを消せやしない (TVオンエアサイズ) 1993.06.16 release
・傷だらけを抱きしめて (TVオンエアサイズ) 1993.06.16 release
・わがままに抱き合えたなら (TVオンエアサイズ) 1993.11.10 release
・LOVE (Music Video) 1994.5.11 release
・マリア (TVオンエアサイズ) 1994.9.5 release
・マリア~Acoustic version~ (Music Video) 1994.8.6 release
・Lookin' for the eighth color of the rainbow ~8番目の虹の色をさがしに~ (Music Video) 1994.8.6 release
・SHAKE IT (Music Video) 1995.8.28 release
・愛のために 愛の中で (Music Video) 1994.11.20 release
・Be Myself( Music Video) 1996.3.25 release
・ずっと君を (Music Video) 2017.8.16 release
・Re:I (Music Video) 2018.10.17 release

【T-BOLANプロフィール】
T-BOLAN、ヴォーカル森友嵐士、ドラム青木和義、ギター五味孝氏、ベース上野博文の4人からなる伝説のロックバンド。
シングル、アルバム、DVD等のトータルセールスは、約1,700万枚を記録。
1991年7月10日、シングル「悲しみが痛いよ」でデビュー。
1stアルバム「T-BOLAN」をリリースした後、同年の12月にリリースした2ndシングル「離したくはない」が、異例のロングヒットを記録。
一気にメジャーの舞台にその名を知らしめた彼らの快進撃は、翌1992年に始まる。
この年、4枚のシングル「JUST ILLUSION」「サヨナラから始めよう」「じれったい愛」「Bye for Now」(この曲は、初のミリオンヒットを記録)と2枚のフルアルバム「BABY BLUE」「SO BAD」、1枚のコンセプト・ミニアルバム「夏の終わりに~Acoustic Version~」というリリースラッシュに加え、7月2日日本青年館で行われた伝説のワンマンライブを皮切りに、怒涛の本数のツアーをそれぞれのアルバム毎に行う。
これによりライブバンドとしてもその本領を発揮していく。
1993年もその勢いは衰えることを知らず、シングルを4枚(「おさえきれないこの気持ち」※この曲で初のオリコンシングルチャート1位を獲得「すれ違いの純情」「刹那さを消せやしない/傷だらけを抱きしめて」「わがままに抱き合えたなら」)、フルアルバムも前年同様2枚(「HEART OF STONE」※このアルバムで初のオリコン1位獲得、「LOOZ」)リリースし、この年もそれぞれのアルバム全国ツアーも行うという類まれなスケジュールで、一気にその頂点を目指していく。
翌1994年、シングル「LOVE」「マリア」のリリース、2枚目のコンセプトアルバム「夏の終わりにⅡ~Lookin’ for the eighth color of the rainbow~」と、共にセールス面では順調かに思えたが、これまでの急過ぎるハイペースでの活動に、徐々ではあるがバンドの歯車は狂っていく。アルバムをリリースしないまま敢行されたライブツアー「LIVE HEAVEN '94~'95」。
そのファイナルの1995年3月26日大阪厚生年金会館で、いよいよ森友の喉は悲鳴を上げ、このライブを最後にバンドは活動休止状態に入る。
その後1995年以降もシングル「SHAKE IT」「愛のために 愛の中で」「Be Myself/Heart of Gold 1996」、シングルベストアルバム「SINGLES」※ミリオンセラーを記録、バラードベストアルバム「BALLADS」とリリースを重ねるものの、森友の喉の不調は回復の兆しが見えぬまま、1999年12月に解散という決断をT-BOLANの4人は下すことになる。 後に判明した森友の病名は『心因性発声障害』だった。
彼は10年以上にも渡りこの病気と闘うこととなるが、その中で多くの人と出会い、そこから得た様々な思いによって生まれた奇跡の復活。
そして解散から13年経った2012年、メンバー4人の想いを確かめ合い、T-BOLANとしてもう一度ステージに立ちたいとの想いから再結成を遂げた。
同年「BEING LEGEND Live Tour 2012」にてLIVE活動を再開、しかしこのまま活動を推し進めると思った2014年、T-BOLANにとっての始まりの場所である渋谷公会堂の公演を最後に、活動休止を宣言する。1999年、できなかった解散ライブをやりきれた目標を達成した末の彼ららしい区切りだった。
それぞれが新たな道を歩む中、2015年3月ベースの上野がくも膜下出血で倒れる(発見されるまで5日間を要した)。意識不明の状態から手術を行うも、高次脳機能障害を発症。しかし、家族の献身的な看病もあって奇跡的な回復を遂げ、退院祝いを兼ねたメンバー4人で食事会を行うまでになった。メンバーは「上野のリハビリの力や目標になれば?」と、2016年12月31日に一夜限りの再結成、カウントダウンライブを豊洲PITで行う。同日「2017年、T-BOLANは再始動します!」と、訪れたファンの前で発表。そして2017年夏、T-BOLANは完全復活。誰もが知る名曲の数々が、2017年夏の終わりに、蘇った。
2018年、そのスピードを緩めることなく、新曲「Re:I」をDVDシングルでリリース。その勢いのまま、約23年ぶりの本格的な全国ツアー「T-BOLAN 30th Anniversary LIVE『the Best』~励~」(本公演23本 追加公演3本)を敢行、ソールドアウト11本を記録しツアーは大成功のうちに終了した。2019年は全国ツアーが終わって息をつく間もなく、約2年ぶりのアコースティックツアーも広島、大阪、東京で開催。
夏の終わりを肌で感じるおとのできるパフォーマンスを披露、訪れた観客を魅了した。
2020年2月5日、待望のライブDVD「T-BOLAN 30th Anniversary LIVE『the Best』~励~」を発売。そこには、特典CDで新曲「俺たちのストーリー」「My life is My way 2020」を収録。90年代ロックの表情を魅せる「俺たちのストーリー」、王道のバラードナンバー「My life is My way 2020」と、誰もが納得するT-BOLANの魅力に溢れた作品に仕上がっている。
尚、2曲は2月28日配信開始のAmazon Prime Videoオリジナルドラマ「湘南純愛組!」の、テーマ曲と主題歌として使われている。

そして2月8日(土)埼玉県羽生市産業文化ホールより、全国ツアー「T-BOLAN LIVE HEAVEN2020『the Best』~繋~」をスタート!これまで訪れたことのない地域も多数含め、その歩みを止めず『繋(つなぐ)』をテーマに熱いライブを届け続ける!!(一部公演は、コロナウイルス拡大の影響で中止または延期)


2020年11月09日(月)

GARNET CROW 過去に発表した全シングル作品を含む 44曲のMUSIC VIDEOを 一挙公開!!!

アップロードファイル 187-1.jpg

GARNET CROW 20th Anniversary Yearの今年、
Official YouTube チャンネル開設!


2013年に惜しまれつつ解散したGARNET CROW。現在、GARNET CROW 20th Anniversary Yearということで、様々な企画が実施されている中、GARNET CROWデビュー20周年を記念して、“GARNET CROW Official YouTubeチャンネル”の開設が決定し、本日18時に、過去にプロモーション等で使用された全シングル作品を含む全44曲のMUSIC VIDEOが初めて一挙公開の運びとなった!

2タイトルメジャーデビューシングル「Mysterious Eyes」「君の家に着くまでずっと走ってゆく」から「海をゆく獅子」まで、たっぷり楽しもう!

【公開作品】
Mysterious Eyes
君の家に着くまでずっと走ってゆく
二人のロケット
千以上の言葉を並べても...
夏の幻
flying
Last love song
call my name
Timeless Sleep
夢みたあとで
スパイラル
クリスタル・ゲージ
泣けない夜も 泣かない朝も
君という光
僕らだけの未来
君を飾る花を咲かそう
忘れ咲き
君の思い描いた夢 集メル HEAVEN
晴れ時計
籟・来・也
夢・花火
今宵エデンの片隅で
まぼろし
風とRAINBOW
この手を伸ばせば
涙のイエスタデー
世界はまわると言うけれど
もう一度 笑って
夢のひとつ
Love Lone Star
百年の孤独
Doing all right
花は咲いて ただ揺れて
Hello Sadness
Elysium
Stay
恋のあいまに
As the Dew
Over Drive
Smiley Nation
Misty Mystery
JUDY
Nostalgia
海をゆく獅子


【GARNET CROW 20th Anniversary WEBSITE】
https://garnetcrow.com/20th/

【GARNET CROW プロフィール】
2000年3月29日に『Mysterious Eyes』『君の家に着くまでずっと走ってゆく』の2タイトル同時発売でデビュー。全作曲を手掛けるボーカルの中村由利、全作詞とキーボードのAZUKI 七、アレンジとキーボードの古井弘人、ギターの岡本仁志で構成。一貫してハイクオリティーなサウンドと包容力のある独特の世界観でリスナーを魅了し続け、これまでに34枚のシングルとベストアルバム等を含む18枚のアルバムをリリース。『夢みたあとで』他多数のヒット作を生み出す。また、独特の音世界を表現したライヴにも定評があり、2005年には大阪市の重要文化財である“大阪市中央公会堂”、2007年には世界遺産でもある京都の“仁和寺”での野外ライヴを成功させるなど、その活動は常に新しいチャレンジに満ちていた。
2010年にメジャーデビュー10周年を迎えた際は、2枚目となるベストアルバム『THE BEST History of GARNET CROW at the crest...』をリリース。さらに4月には劇場版『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』主題歌に起用されたシングル『Over Drive』をリリースし、オリコン週間シングルランキングで過去最高の4位を記録。また、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演したシンフォニックコンサートやライブツアー等を積極的に行い、2013年最後のオリジナルアルバム『Terminus』はオリコン週間アルバムランキングで9位を獲得。2013年3月30日に突然の解散を発表。5月にオールシングルベストアルバム『THE ONE ~ALL SINGLES BEST~』をリリースし、オリコン週間アルバムランキング9位を獲得しアルバムトータル12作目のTOP10入りを果たす。5月24日に東京、6月8日・9日に大阪でラストライブ「GARNET CROW livescope ~THE FINAL~」が開催され全ての活動に幕を閉じた。

詳細はGARNET CROW 20th Anniversary WEBSITEまで!

【GARNET CROW Official YouTube Channel】
https://www.youtube.com/channel/UCh3bnw4so_gcDMDdulDKjTQ